誕生日の花束を買う前に知っておきたい5つのこと

Pocket

花束

Fairytale 花束 ← 通販サイトはこちらをCLICK

 

「花を買うことも初めてだし、花屋さんに何をどう伝えればいいのかわからない。」

今、このページを見てくださっている方の中にうなずいている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

花のボリュームのこと、予算のこと、自分では思い浮かばないアドバイスが欲しいなど色々とありませんか?

 

今からお伝えする5つのポイントを抑えておけば、スムーズに花束をお買い求めいただけると思います。

「なるほどね~」という内容も含めて参考にご覧くださいね。

目次

1、花屋さんに伝える5つのこと

 1-1 用途・詳しい内容

 1-2 イメージを伝える

 1-3 形を考える。

 1-4 予算を決める。

 1-5 受取日とお渡し日

2、花屋さんの特徴を知る。

3、早目に予約注文する。

 3-1 2~3日前までに注文することをお勧めします。

 3-2 男が花を買うなんて恥ずかしい

4、メッセージカード

 

・お客様からよくある質問

・Fairytaleの誕生日お勧め花束

・Fairytaleはお店を構えない花屋

・まとめ

 

 

1 花屋さんに伝える5つのこと

1-1 用途・詳しい内容

誕生日の花束を購入する時、花の種類や色目などお任せで依頼する場合もあれば花屋さんに相談する場合もあったりと様々だと思います。

ただ誕生日の花束とだけ伝えるよりも、性別や年齢、自分との関係(恋人・友人・家族・知人・同僚など)を伝えて花屋さんによりイメージを膨らませてもらうと良いでしょう。

1-2 イメージを伝える。

お任せで依頼する場合以外はイメージを伝えると良いでしょう。

普段着ている服やカバンなどの持ち物から、相手の好きそうなイメージを膨らませて、可愛らしいものが好き・シンプルなものが好き・大人っぽいものが好きなどヒントになるものを花屋さんに伝えると良いでしょう。

好きな色合いを伝えるのも良いと思います。

花の種類は、季節によって手に入らないものがあったり、花束には不向きなものがあったりするので、あまり細かく依頼することは避けましょう。

バラを使って後はお任せするなど一種類程度は伝えても問題ありません。

 

年配の方は明るい色合いを好まれます。

白グリーン系や茶系などの色は好まれないことが多いです。赤・ピンク・オレンジ・黄色など明るい色で注文されると良いでしょう。

 

1-3 形を伝える。

bouquet standard-bouquet

花束には、(左)ブーケスタイルや(右)丈長スタイルなどがあります。

(上左)ブーケスタイルは丸くてコロンとした形が可愛らしく女性に人気です。

(上右)丈長スタイルは花の茎の長さを活かしてボリューム良く大きく見せることができます。

 

お花屋さんにお任せすることも良いですが、形が代わるだけでイメージも違ってくるので、もしイメージがあるようなら花屋さんに伝えても良いのではないでしょうか。

他にも花の特徴を活かして遊び心のある面白い花束もあります。

 

1-4 予算を決める

 男性→女性

花束以外にもう一つプレゼントを渡す場合は3,000円~5,000円程度、花束だけ渡す場合は10,000円~、友達以上恋人未満の方に渡す場合は3,000円~5,000円程度。

 女性→男性

2,000円程度。花束以外にも多肉植物や小さ目の観葉植物などがお勧めです。花以外の贈り物でラッピングの飾りにアートフラワーやドライフラワーを使うのも可愛いです。

 両親

5,000円~10,000円程度。花束の他にも花瓶いらずのアレンジメントもお勧めです。

 友人

数人で渡す場合は、5,000円~10,000円程度。個人で渡す場合は3,000円~5,000円程度。

 同僚

数人で渡す場合は、5,000円~10,000円程度。個人で渡す場合は3,000円~5,000円程度。

 その他

バラの花束で一本400円~800円、ひまわりの花束で一本150円~300円、ユリの花束で一本800円~1500円を目安に。

大きさ・種類・季節によって価格も異なります。

また、花束にするときヒマワリやガーベラなど茎の部分に葉っぱがない花材の場合は、花束を組む時のクッション代わりになる葉っぱものを使用することがあります。

ラッピング代・手数料もかかる場合があります。花屋さんに確認されると良いでしょう。

 

1-5 受取日とお渡し日

花束はラッピング時に保水剤や保水アルミなどの処理がされています。

花の種類でも水下がりに強い花・弱い花とあります。できるだけ早目に花瓶に移し替えてあげると花も喜びます。

ネット販売の場合、翌日に到着することがほとんどです。

花束をお渡しになるのが、さらに翌日となると出荷から2日後になるので水下がりなど花持ちが心配です。ネット販売の時でも実際に相手に渡すのがいつになるのか花屋さんに伝えるようにしましょう。

そうすることで水下がりに比較的強い花を選んでくれたり、場合によってはアレンジメントをお勧めしてくれるなど相談にのってくれます。

 

2 花屋さんの特徴などを知る。

花屋さんと一言で言っても色々な花屋さんがあります。

仏花や墓花を得意とする花屋さん、観葉植物や鉢物を沢山扱っている花屋さん、花束やアレンジメントでも大人っぽい雰囲気のものをお店のテーマとしていたり、ナチュラルスタイルの花屋さんと様々です。

事前にお店のホームページを見て色々な画像を見たり、お店に行けば写真やチラシなどが貼ってあるお店もあります。

自分のお気に入りのお店を探してみましょう。

3~4件お気に入りの花屋さんを見つけていれば今後、用途によって使い分けると何かあったときに便利ですね。

 

3 早目に予約注文する

3-1 2~3日前までに注文することをお勧めします。

花屋さんとしては、お客様に喜んで頂ける花束を作りたい気持ちが第一です。

お渡しする方のイメージに合わせて、年齢や雰囲気、その方の好きな花などできる限り要望にお応えしたいものです。

できるだけ早目に予約頂ければイメージを膨らませて「あの花も入れたら合うな~」「あの花をつぼみも入れながら、もう少し咲かせた部分も使いたいな~」と準備ができるのです。

3-2 男が花を買うなんて恥ずかしい。

花屋さんに行って花束を頼むと大きさにもよりますが20分はかかります。

また、仕事が立て込んでいる場合はもっと時間がかかります。

作っている間、花屋さんで待っているのが照れくさかったり、急いでいる時もありますよね。

前日に電話注文したり、朝依頼をして夕方に取りに行くなどすると良いでしょう。

また、ネット注文して家に届くようにしたり、相手のお家に届けてもらうのも良いですね。

 

4 花束に添えるメッセージカード

花束を贈る際、メッセージカードを添えましょう。花屋さんでもカードを準備してくれます。

事前に手紙を準備して一緒に渡すと更に喜ばれるのではないでしょうか?

メッセージカードやお手紙の文章は、「誕生日おめでとう!」「HappyBirthday!」だけじゃなく、日頃の感謝の気持ちやこれから一年をどんな一年にしてほしいかなどを伝えてみてはいかがですか?

メッセージ文例集 ← 参考にどうぞ

 

お客様からよくある質問

・青いバラの花束が欲しいのですが常にお店にないのでしょうか?

 お店によっては常に置いている所もありますが、基本的に置いていない花屋さんが多いです。 青いバラ以外にもレインボーのバラなど事前に予約されるほうが良いです。

 

・送料・税込みで作ってもらえますか?

 お店によってはお断りされる場合もあると思いますが、一度確認してみてください。ただ、送料・税を引いた金額が花束代となるので、その分、ボリュームもなくなります。そのあたりも確認することをお勧めします。

 

・ホームページに載せている花束と全く同じものを作ってほしいのですが可能ですか?

 花には一年中ある花もあれば、その季節にしか出回りがない花があります。全く同じものを作ることが難しい場合がありますが、出来る限り近づけるように作ってもらえるよう相談してみると良いでしょう。

 

・赤バラ100本の花束が欲しいのですが、すぐに準備できるものでしょうか?

 お店によって直ぐに準備できる所はあると思います。100本単位で常時ある店ばかりではありません。数量が多い時は事前に予約することをお勧めします。

 

Fairytale の誕生日にお勧めの花束

誕生日 花束

ピンクとホワイトの優しい花束 7,000円(税別)

サイズ 約 幅30センチ×高さ40センチ

春に作成した花束です。

春の花、ラナンキュラス・チューリップ・スイートピーなどを使っています。

ピンクとホワイト・ライトグリーンで春らしく優しい雰囲気の花束。誕生日にふさわしい優しく可愛らしい花束です。

季節の花でお作りしていますので、夏秋冬には、その季節にふさわしい花を使って同じようは雰囲気に、なるべく近づけるようにお作り致します。

 

誕生日 花束

赤い大人の花束 5,500円(税別)

サイズ 約 幅27センチ×高さ36センチ

バラなどを入れて赤色を中心にピンクと紫も入れて作った花束です。

紫を少し入れて大人っぽく仕上げました。

季節の花を使って作成するため、ご注文時に同じ花材が入るとは限らないです。

ご注文頂いた時の季節の花を使って、同じような雰囲気でお作り致します。

 

 

その他の花束もFairytaleホームページからご覧いただけます。

Fairytale 花束

 

まとめ

花束は相手の方が花瓶を持っていない場合もあるので、心配であれば花屋さんに別料金になりますが購入することも可能です。

予約の場合は、受け取り日時 お名前 連絡先も忘れないように伝えましょう。

 

花はいつか枯れて残るものではないですが、花束にはインパクトがあり記憶に大きく残るものです。

相手の方は画像として残したりSNSでアップされる方もたくさんいらっしゃいます。

 

いかがでしたでしょうか?

是非参考にしていただければと思います。

初めて花束を購入される方でも、あまり難しく考えることなくお花屋さんに相談してみてくださいね。

 

笑顔溢れる素敵な誕生日をお過ごしください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*