一周忌法要とは?

Pocket

仏教において故人を供養する儀式を「法要」といいます。

亡くなってから七日目に行う法要が初七日で、四十九日目に行う法要が四十九日法要、四十九日めで忌明けとなります。

一周忌は、亡くなられた命日から翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。

大切な家族を亡くして一年が経つと一周忌法要が行われます。

(命日と同じ、月・日が毎年きます。この日を祥月命日と言います。)

さらに命日から三年目、七年目などの節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要といいます。

以後、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづきます。

たくさんの人を招いて法要を行うのは、一般的に一周忌と三回忌までが多いようです。

一周忌と一回忌との違いについてです。
一回忌というのは1回目のおつとめを指し葬儀のことを意味していますので、葬儀が一回忌ということになります。

一周忌に行われる主な行事

お墓参り

お墓参りは決まった時期があるわけではありませんが、命日、祥月命日、お盆などの時期に行われます。

納骨式

納骨式は四十九日に行われることが多いですが、百箇日、一周忌、遅くとも三回忌までに納骨します。

一周忌法要

自宅、お寺、ホテルなどで行います。僧侶による読経、焼香、最後に食事をふるまい故人を偲びます。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*