お盆のお供え花、お役立ち情報とフラワーアレンジメントの紹介

Pocket

お供え花

あの世から帰ってくるご先祖様の霊を迎えるお盆。

故人を偲び、ご先祖様感謝の気持ちを込めてお花をお供え。

Fairytaleがご用意するお盆・新盆・初盆のフラワーアレンジメントのご案内です。

是非、ご覧ください。

1、お盆、新盆、初盆とは

お盆の正式名称は「盂蘭盆会 読み方:うらぼんえ」といいます。

ご先祖様、亡くなった人達が苦しむことなく成仏するように子孫が報恩や追善供養する時期のことをお盆と呼びます。

 

人が亡くなられて49日法要が終わってから初めて迎えるお盆を「初盆」「新盆」といいます。

新盆は故人の霊が初めて家に戻ってくる日です。故人の好きだったお菓子や果物、お花をお供えします。

 

亡くなられてから49日前にお盆の日を迎えた場合は、その年には新盆を行わず、翌年のお盆が新盆となります。

 

2、お盆の時期について

お盆は、8月13日から16日の4日間に行われることが多いが、関東では7月13日から16日の4日間で行われる地域があります。

お花のお届けはお盆の入り前日12日にお届けします。

お届け先様のご都合で不在される場合もありますので、事前にお届け日の確認をされるとよいでしょう。

 

3、商品の案内

新盆の場合は白を基調とした花をお供えしますが、白を基調に故人が好きだった色や淡いピンク色や淡い紫色などを入れたお供え花もお勧めです。

Fairytaleのお供えアレンジメントをご覧ください。

下記のアレンジメント以外にもFairytale通販サイトでお供え花がありますので、そちらもご覧ください。

 

3-1 お盆お供え花 フラワーアレンジメント LLサイズ

お盆の花

(参考価格)10,000円 (税別)

(サイズ) 約 幅45センチ×高さ55センチ

 

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器とは限らないので予めご了承ください。

花材・花器によってサイズも異なってきます。

 

3-2 お盆お供え花 フラワーアレンジメント Lサイズ

お盆の花

(参考価格)8,000円 (税別)

(サイズ) 約 幅40cm×高さ50cm

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使うとは限らないため予めご了承ください。

サイズも花材・花器によって異なります。

3-3 お盆お供え花 フラワーアレンジメント Mサイズ

お盆お供え花

(参考価格) 6,000円 (税別)

(サイズ) 約 幅35センチ×高さ45センチ

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使うとは限らないため予めご了承ください。

サイズも花材・花器によって異なります。

3-4 お盆お供え花 フラワーアレンジメント Sサイズ

お盆お供え花

(参考価格) 3,500円 (税別)

(サイズ) 約 幅26センチ×高さ28センチ

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使うとは限らないため予めご了承ください。

サイズも花材・花器によって異なります。

 

(ご案内したお供え花に使用した花材) トルコキキョウ・アンスリウム・ピンポンマム・アルストロメリアなど。

ご希望があれば青色・紫色・ピンク色などをプラスしてお作りすることも可能です。

 

3-5 お盆お供え花 フラワーアレンジメントLLサイズ ひまわりを入れて

お盆 アレンジメント

(参考価格) 10,000円(税別)

(サイズ) 約 幅45cm×高さ55cm

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使用するとは限りません。

花材によってサイズも異なります。

3-6 お盆お供え花 フラワーアレンジメントLサイズ ひまわりをポイントに入れて

お盆 アレンジメント花

(参考価格)8,000円(税別)

(サイズ)約 幅40センチ×高さ50センチ

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使用するとは限りません。

花材によってサイズも異なります。

3-7 お盆お供え花 フラワーアレンジメントMサイズ ひまわりを入れて

お盆 アレンジメント花

(参考価格) 6,000円(税別)

(サイズ) 約 幅35センチ×高さ45センチ

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使用するとは限りません。

花材によってサイズも異なります。

3-8 お盆お供え花 フラワーアレンジメントSサイズ ひまわりを入れて

お盆 アレンジメント花

(参考価格)3,500円(税別)

(サイズ)約 幅26センチ×高さ28センチ

画像は雰囲気を感じて頂くためのサンプルです。同じ花材・花器を使用するとは限りません。

花材によってサイズも異なります。

 

(ご案内したアレンジメントに使用した花材)トルコキキョウ アンスリウム ピンポンマム アルストロメリア ひまわり

ご希望にあわせてひまわりの本数を増やすことも可能です。

 

お盆の花を贈られる場合は そのまま飾ることができるアレンジメントがお勧めです。

 

4、お供え花の立札

お供えの場合は一般的に、お届け先様のお名前は入れません。

贈り主様の会社名、お名前などを記入します。

札の大きさや書き方は地域によって異なりますが、基本的にお任せ頂いております。

表書きは「供」「御供」「敬供」などを記載します。

お供え花 立札 お供え花 立札 お供え花 立札

御供(表書き)

差出人 花田太郎

 

団体やグループで贈る場合は、「〇〇一同」とします。

ご友人の場合はフルネームで8名様まで記載できます。

御供(表書き)

 

ご夫妻の場合の記入例

 

 

 

 

御供(表書き)

差出人

株式会社フェアリーテール

代表取締役社長

花田太郎

※法人の場合の記入例

 

 

5、お盆のお供え花を贈る時のマナー

5-1 お盆にお供え花を贈るタイミング

お盆は7月13日から行う地域と8月13日から行う地域があります。

初盆など、お花を贈る際は、先方様にお花を贈ることを伝えてご在宅日を確認するようにしましょう。

 

5-2 お花を贈る際はアレンジメントがお勧め

先方様がご高齢であったり、男性であればとくにアレンジメントで贈ることをお勧めします。

花瓶をお持ちでなかったり、花瓶に活けることに悩まれることがあります。

花器のまま飾れるアレンジメントが喜ばれます。

 

5-3 お盆お供え花 参考価格

アレンジメントの場合は5000円~15000円(税別)、胡蝶蘭の場合は15,000円(税別)が多いです。

胡蝶蘭ミディで10,000円(税別)~。

 

5-4 Fairytaleがお勧めするお盆お供え花の種類

お盆のお供え花に使う花は地域や風習によって違いがあるため、使って良い悪いは一概には言えません。

基本的には絶対に使ってはいけない花というのはありませんが、

昔からトゲのあるバラなどの花はタブーとされていたり、香りの強い花を避ける方もいらっしゃいます。

 

昔に比べると花の種類も随分と増えました。

お供え花にしても、花屋さんによって様々なアレンジメントがあり、目新しい花を使っている所もたくさんあります。

Fairytaleが普段からお供え花で使っている花、お勧めの花をご紹介します。

トルコキキョウ

(トルコキキョウ)

Fairytaleでもよく使うトルコキキョウ、花の咲き方が一重咲きや八重咲などありますが、画像のような花びらが何重にも重なったトルコキキョウが

とても可愛くお勧めです。色もピンク・アプリコット・紫などがあります。花持ちも良いです。

アナスタシア

(菊 アナスタシア)

最近では洋菊の種類も増えて、お供えだけではなく様々なアレンジメントの用途でも使われています。

花持ちもよく存在感もある洋菊は お供え花でも定番の花です。

アンス

(アンスリウム)

ハートの形が特徴的で、光沢感のある花です。洋風・和風ともに合う花で人気があります。

花形が特徴あるのでアレンジメントや花束に沢山入れるよりもポイントに入れるだけで十分な存在感を出します。

花持ちも良いです。

テマリソウ

(テマリソウ)

緑のフワフワした雰囲気が特徴のテマリソウ。これも立派な花なんです。

触った感じは見た目通り芝生のようです。

可愛らしいコロンとした形は花屋さんに愛されている花です。

グラジオラス

(グラジオラス)

グラジオラスは横向きに花が並んで咲きます。

アレンジメントでボリューム良く作りたい時に大活躍してくれます。

上に向かって立てて挿すと豪華になります。

胡蝶蘭

(胡蝶蘭)

胡蝶蘭とは蝶が舞っているような姿からつけられた名前です。

お供え花としても大変人気で高級感があり豪華さを感じさせてくれます。

 

 

6、購入方法

Fairytaleでは、お電話での受付・FAX注文・ホームページからの受付となります。

※クレジットカード決済ご希望の方はホームページからのご注文のみとなります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。←CLICK

Fairytaleは店舗を構えないネット販売の花屋です。

ご注文頂いてからの仕入れとなりますので、急なご注文にお応えできないことがあります。

ご注文の際は、出来るだけ余裕を持ってご注文頂けますよう宜しくお願いします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

祖先の霊を迎える大切はお盆。

故人の四十九日後の忌明け後、亡くなられてから初めてお家に戻ってこられる新盆。

大切なお盆に心のこもったお花を飾ってお迎えしたいものです。

 

可能であれば、お贈りされる前に 先方様のご意向を確認されて花の色合いなどお決めになられても良いのではないでしょうか。

また、お届け日時は確認されることをお勧め致します。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*