ご葬儀前・通夜・葬儀に贈る花について

Pocket

お供え花

訃報は突然やってきます。

お花を贈る際は必ず先方の宗教を確認してください。

お花を贈る場合は、葬儀社や花屋にて手配することができます。

ご葬儀前に贈る花

通夜の前から故人の枕元に飾る花を枕花といいます。

遺族からいち早く亡くなったしらせを受け、特に故人と親しくされていた方や近親者が贈るお花です。

花の選び方としては白グリーンが一般的です。

ご遺族の手間を考えてアレンジメントで、あまり大げさにならないよう5,000円~8,000円程度、花屋に依頼する場合は枕花と伝えましょう。

枕花はお通夜前かお通夜で贈る花で、あまりに早いタイミングでお花を贈ると、かえってお亡くなりになるのを待っていたような印象になるので、少し間合いをおいて贈るように注意が必要です。

 

お通夜・葬儀に贈る花

通常、お通夜・葬儀・告別式へはアレンジメントやスタンド花を贈ります。

 

葬儀場の場合は提携の花屋さんが入っていることが多く、外部からのお花の持ち込みをお断りされることがあります。

お通夜やご葬儀にお花を贈る場合は必ず確認することをお勧めします。

葬儀場のお花を贈る場合はスタンド花を贈る場合が多く、一対(二基)で贈る場合や、一基で贈る場合があります。

スタンド花は、ほとんどの場合、葬儀が行われる葬儀場で受けつけされていますので、葬儀場に直前ご注文されると間違いありません。

(お通夜・葬儀への参列にお花を持っていくことはありません。一般的に故人と親しかった人が贈るほか、遠方のため通夜葬儀に参列できない人が贈ることがあります。子供一同・孫一同・親族一同といった形で遺族が贈ったり、会社職場・同窓生から贈ることがあります。)

 

ご自宅に贈られる場合は、10,000円前後の白仕上げのアレンジメントをお勧めします。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*